SSブログ

スプリンターズステークス外しました

スプリンターズステークス外しました

 今回も中山競馬場でレースを生観戦して来ました。

 お目当てのメインレース以外も賭けてみたのですが、
全滅とは行かないないまでも低調な一日でした。


 スプリンターズステークス結果
                        人気
  1着 - 13 ローレルゲレイロ   06
  2着 ▲ 09 ビービーガルダン   02
  3着 - 12 カノヤザクラ        08
  4着 - 08 アイルラヴァゲイン  16
  5着 〇 02 アルティマトゥーレ    01

 12着 ☆ 04 キンシャサノキセキ  04
 13着 △ 06 グランプリエンゼル  05
 14着 △ 16 アポロドルチェ      14
 16着 ◎ 07 シーニックブラスト    03

 主な買い目:省略

 的中:なし

 終わって一言、二言

  トシの馬券作戦は失敗、惨敗です。

  予想の段階でもかなり悩みましたが、結果を見てそれを
 トシなりに分析することも簡単ではありません。

  まず言えることは勝ち負けを争った2頭の共通点です。

  1.今年の重賞レースで2連対を経験済み
  2.プレレーティングの数値が高い
  3.休み明け2戦目

  出走馬16頭の中でこの3つの要素が当てはまるのは
 -ローレルゲレイロと▲ビービーガルダンの2頭だけでした。

  1.に関係しますが2頭は今年3月にGⅢの阪急杯で
 勝ち負けを争っており、ライバル関係にありました。

  今回再び2頭のライバルのガチンコ勝負となり、両者の
 本気度が伝わって来る見応えのあるレースとなりました。

  1着~15着までが0.5秒差以内という接戦の中でも
 2頭は抜けていて、写真判定になった結着は去年の天皇賞での
 ウオッカ対ダイワスカーレットを思い出させました。

  2.のプレレーティングの数値についてですが、
 ローレルゲレイロが115に対してビービーガルダンは113。

  ならば去年のスプリンターズステークス2着で
 プレレーティングの数値が114の☆キンシャサノキセキが
 もっと上位に来てもいいはずですが。

  しかしキンシャサノキセキは今年のレースでまだ一度も
 馬券に絡んでおらず、しかも今回は6か月の休養明け。

  去年の実績だけで有力とみなすのは無理があったようです。


  ちなみに参考とするべき短距離GⅠ、スプリンターズS(08年)と
 高松宮記念(09年)の成績は・・・

            スプリンターズS 高松宮記念  今回

 スリープレスナイト      1着    2着       -
 ローレルゲレイロ      -     1着       1着
 キンシャサノキセキ     2着   10着      12着
 ビービーガルダン      3着   16着       2着
 アポロドルチェ         5着    7着      14着
 カノヤザクラ          7着     -         3着
 -------------
 ソルジャーズソング     -      3着      10着
 アイルラヴァゲイン     -     13着       4着
 アーバニティ          -     14着       7着

  今年のスプリンターズSも含めて一貫性が見られません。

  そんな中でも、もし今年のスプリンターズSに出ていれば
 1番人気が確実だったスリープレスナイトの強さは際立って
 います。

  そしてそのスリープレスナイトを実際に負かした経験がある
 ローレルゲレイロが春・秋連覇を達成したことは驚くに
 値しません。

  しかし、ローレルゲレイロが出走した前哨戦セントウル
 ステークスですが、これまた参考にならないレースでした。

  休み明け・夏バテ・59㎏の3重苦を背負ったローレルは
 14着。上り馬〇アルティマトゥーレが優勝しましたが
 その結果がスプリンターズSには結びつかなかったのは
 御覧のとおりです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。